FC2ブログ

Nirvana~ニルヴァーナ~

IT関連、軍隊、オーディオ、アニメ、ゲーム、映画等の様々な内容で書き綴っていこうと思います。※アフィ等の個別指定カテゴリのジャンルは行いません 更新不定期ですがよろしくお願いします<m(_ _)m>

プロフィール

金剛

Author:金剛
Nirvanaブログへようこそ。
管理人の「金剛」です。
2016年以降のブログ更新は落ち着いていこうかな。
「ハイテンションで書いて!」と言われて書いていた頃の記事を見直すと苦笑してしまう自分がいる。

最新トラックバック

カウンター

今の人数はこれくらいです
現在の閲覧者数:
たくさん来るといいなぁ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

アルカナやってます!!
是非挑戦を!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

■■■蒼き鋼のアルペジオ–アルス・ノヴァ–cadenza

映画鑑賞、2本目の作品は⋯
「蒼き鋼のアルペジオ–アルス・ノヴァ–cadenza」
です。結構メジャーだと思われますので、早速各キャラの感想へ。
※若干ネタバレ注意⋯?

重巡洋艦は潜って戦うのですね()
アシガラ良い性格してますね。
戦いを心の底から楽しんでいるように見えます。
アルペジオは個々のキャラに魅力があり、逆によく纏まるなと思いますよ⋯

ナチチはガチ
ナチは俗に言うと有能キャラですね。
参謀的なキャラクター、実に良いと思います(๑╹ω╹๑ )

タカオは本当にぶれませんね(感心)
群像(主人公)好きがエスカレートしています(いつも通り?)
ツンデレ重巡は映画内ではデレデレ重巡でしたね。
艦長思いの良きメンタルモデルです。

イオナはやっぱり良い子(しみじみ)
思いやりのある優しいメンタルモデルです。
アニメ版でもそうですが、伊401がこのような形で活躍する姿を見れるとは⋯
潜水艦はその役割からも、戦艦等と比べ表立って目立つ事は殆どありません。
愛のある作品ならではですね。
映画終盤はティッシュを全て持っていく勢いでした(´;Д;`)

ミョウコウはクールですね
妙高の格好良さが半端ではありません。
メカメカしい描写が好きな方は特に必見です٩( 'ω' )و

コンゴウ様はやはり素晴らしい
終盤イオナとの「消えるわけがないだろう?」からの会話は数々の感動作品に準ずるは正に大磐石の備え。よくある展開ではあるが、その展開も「都合の良い展開」と「定評のある展開」とでは全然違う。この作品は後者です。

キリクマ⋯キリシマだった頃の姿はもう見れないもんね(っ◞‸◟c)
ハルナ、ハルナはハルナ。映画では少しの登場でした。

それでは、劇中一部シーン抜粋⋯

ミョウコウ「ヒエイ、本艦はハッキングを受けている。修正に時間を要する(p_-)」

ハグロ「え"〜、大戦艦級の援軍なんて、ちょっとずるくねぇ〜?(。-_-。)」

ヒエイ「出来の悪い妹たちまで⋯蒼き艦隊ですって?そんな校則違反⋯認めるわけにはいきません!退学です!!( *`ω´)」

タカオ「入学した覚えも無いわよぉ!!\\\٩(๑`^´๑)۶////」

顔文字を(ry
新しい高雄に積まれたマグマ採掘用ボウリングシステム(?)の所で「ガチョーン」と言いたかったのは自分だけでしょうか(╹◡╹)

感想
最終決戦は非常に胸が熱くなりました。
音響、作画は言うまでもなく高クオリティ。
イオナの意思と意志。大和最後の旗艦命令、シンプルな言葉なのにとても重く、重要な一言。群像の感動のナレーション。一つ一つを噛み締めて然るべき作品です。最後になりますが、どうしても言いたい。一言だけ、叫ばせて下さい。

イオナァァアアアアアアアアアアアア!!!

今回取り上げた「蒼き鋼のアルペジオ–アルス・ノヴァ–cadenza」
個人的評価は★★★★★★★★★☆(9/10)」
とても楽しく視聴させて頂きました。

* * *

尚、アニメ版&漫画版をご存知な方に向けた作品と思われます。
初見の方は一度原作に目を通すことを強く推奨いたします。

スポンサーサイト



コメント

■ コメントの投稿