FC2ブログ

Nirvana~ニルヴァーナ~

IT関連、軍隊、オーディオ、アニメ、ゲーム、映画等の様々な内容で書き綴っていこうと思います。※アフィ等の個別指定カテゴリのジャンルは行いません 更新不定期ですがよろしくお願いします<m(_ _)m>

プロフィール

金剛

Author:金剛
Nirvanaブログへようこそ。
管理人の「金剛」です。
2016年以降のブログ更新は落ち着いていこうかな。
「ハイテンションで書いて!」と言われて書いていた頃の記事を見直すと苦笑してしまう自分がいる。

最新トラックバック

カウンター

今の人数はこれくらいです
現在の閲覧者数:
たくさん来るといいなぁ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

アルカナやってます!!
是非挑戦を!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

■■■~東方蒼蓮歌~【9】

第9話です!どうぞ!↓

~東方蒼蓮歌~

【歌】
歌は人に安らぎを与える。
人は歌を空に届ける。
空は歌に涙を流し、やがて歌は空に流れる。
歌の輝きを受けた空の日差しが作物に恵みをもたらす。
作物は人の生きていく糧となる。
楽譜はその「歌」を紡ぎ出す鍵となる・・・

霊夢「それじゃあ、読むわよ?」

早苗「はい、どうぞ。」

霊夢「空彼方授蒼炎 人希望灯火呼
    聖杯希望灯火灯時 死者蘇力持結晶
    蒼蓮歌 全鎮力
    闇蘇時 歌真姿表」

魔理沙「?・・・漢文ってやつか?難しすぎるぜ・・・早苗は何か分かるのか?」

早苗「うーん、日本語のような気がしますね・・・」

霊夢「魔理沙のそれは違うっぽいわ。漢文では無いはずよ。」

早苗「なるほど!これの読み方がわかった気がします!」

魔理沙「本当か!?」

早苗「はい!これは、
   空の彼方より授かりし蒼の炎、人は希望の灯火と呼ぶ。
   聖なる杯に希望の灯火を灯せし時、死者をも蘇らせる力を持つ結晶となる。
   蒼蓮歌、全てを鎮める力。
   闇が蘇りし時、この歌は真の姿を表す。
   だと思います。」

霊夢「確かに・・・それで間違いなさそうね。」

魔理沙「漢字そのままだな。」
魔理沙は苦笑する。

レミリア「蒼の炎・・・結晶・・・蒼蓮歌・・・」
レミリアは単語単語で区切り何かを考えている。

咲夜「空の彼方ですか・・・まさか、天界のことでしょうか・・・?」

諏訪子「天界?・・・ああ!そうだッ!!」
諏訪子は何かを思い出したようにそう叫ぶ。

神奈子「何だ?何か思い当たる節でもあるのか?」

諏訪子「覚えてないのぉ?あそこだよ!蒼龍のとこ!」

神奈子「蒼龍・・・まさか!!」
神奈子も思い出したらしい。

霊夢「蒼龍?なんか大層な名前ね・・・それって何?」

神奈子「・・・伝説の蒼き龍だ。」

魔理沙「へぇ~、なんかカッコイイなぁ!」

フラン「なんか強そー!戦うの?倒していいの?」
フランは異常なまでに好戦的なようだ。

レミリア「無理よ、フラン。あの龍は倒せないわ。」

霊夢「何か知ってるの?」

レミリア「パチュリーから借りた本に載ってたから・・・たまたまね。」

魔理沙「倒せないってどういう意味だ?」

レミリア「その本によると、攻撃が通らないらしいわ。」

フラン「破壊の力でも?」

レミリア「恐らく。でも、力を認めさせなければ蒼き炎は手に入れられないとも書いてあったわ・・・」

咲夜「では、どうすればいいのでしょうか?」

レミリア「その本には蒼龍にある・・・確か一つだけの弱点が載っていたハズよ。」

鈴仙「じゃあ、パチュリーさんのところに行けば何か分かるってことですよね!」

霊夢「それしかないわよね・・・」

咲夜「行きますか?お嬢様?」

レミリア「そうね。それじゃ、紅魔館へ向かうわ!」

早苗「私も・・・ついて行っていいですか?」

霊夢「私たちは仲間が増えるのは助かるけど・・・神様は大丈夫なの?」

神奈子「私たちのことは気にしなくていいよ。」

諏訪子「そうそう、守矢神社も任せてよ!」

早苗「諏訪子様・・・神奈子様・・・ありがとうございます!」

霊夢「じゃあ、行くわよ!早苗!」

早苗「はい!」

神奈子「気を付けなよ!」

諏訪子「いってらー!」
2人の神に別れを告げ、霊夢たちは紅魔郷へ急いで向かう。

フラン「仲間が増えて楽しくなりそうだね~!」

霊夢「賑やかにはなるけど・・・危険も増すと思うわよ?」

レミリア「この人数がいれば誰でも倒せそうなのだけれどね。」

咲夜「そうだと良いのですが・・・」

鈴仙「ウラヌスさん達の件もありますし・・・」
鈴仙も今回ばかりは弱気である。

レミリア「それもそうね・・・でも、やるしかないわ!」

霊夢「そうよ。やるかやられるか、どっちかって言われたらやるでしょ?」

早苗「勿論です♪」

フラン「勿論やる方がいいよ~♪」

魔理沙「フランが言うと怖いぜ・・・まあ、私もやる側だな。」

鈴仙「私はやられる方が・・っと何でもないです(-_-;)」

レミリア「なら、精一杯頑張りましょう。」

咲夜「そうですね、お嬢様!」
咲夜も嬉しそうだ。

霊夢達は紅魔館へ到着した・・・が・・・・?



お待たせしました(-_-;)第9話・・・このまま更新を続けられるのでしょうか・・・
とりあえず一山超えられたので更新は出来そうなんですがやはり小説の案を出せるほど、
暇がないんですよね!
・・・絵の方なら頑張れる・・・かも?
それでは!( ´・ω・`)ノ~バイバイ
スポンサーサイト



コメント

■ 

おお~!ついに題名の「蒼蓮歌」って言葉が出て来ましたね~。
伝説の蒼き龍まで出てきて盛り上がって参りましたw
レミリアが言ってたようにこれだけ豪華な面子がいれば誰でも倒せそうな勢いですw
次回も楽しみにしてます!
2013/02/09 URL フチ #- 

■ 

>フチさん
はい!蒼き龍はとても強い設定なのでどうなるかは自分にもわかりません(笑)
作る本人とはいえども、結果がどうなるかはわからないのです(笑)
次回も頑張ります!
2013/02/09 URL マーズ #- 

■ 

今回も面白かったです。蒼龍ですか弱点が気になる
2013/02/09 URL 稜 #- 

■ 

>稜さん
ありがとうございます!
弱点は意外なところかもしれませんよ~(笑)
2013/02/10 URL マーズ #- 

■ コメントの投稿