FC2ブログ

Nirvana~ニルヴァーナ~

IT関連、軍隊、オーディオ、アニメ、ゲーム、映画等の様々な内容で書き綴っていこうと思います。※アフィ等の個別指定カテゴリのジャンルは行いません 更新不定期ですがよろしくお願いします<m(_ _)m>

プロフィール

金剛

Author:金剛
Nirvanaブログへようこそ。
管理人の「金剛」です。
2016年以降のブログ更新は落ち着いていこうかな。
「ハイテンションで書いて!」と言われて書いていた頃の記事を見直すと苦笑してしまう自分がいる。

最新トラックバック

カウンター

今の人数はこれくらいです
現在の閲覧者数:
たくさん来るといいなぁ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

アルカナやってます!!
是非挑戦を!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

■■■~東方蒼蓮歌~【6】

第6話です!どうぞ!↓

~東方蒼蓮歌~

レミリア「・・・貴方は?」

「君たちに教える必要はない。」

レミリア「・・・まあ、誰でもいいわ。それより紫の何を知っているの?」

青年「君たちが話していたんだろう?誰が力を貸しているのかをね。」

霊夢「盗み聞きとは度胸があるじゃない。で?教えてくれるの?」

青年「ああ、勿論。知らせておけとのご命令なので。」

魔理沙「お前もその誰かさんの仲間なのか?」

青年「そうなるかな。教える前に質問、誰が紫に力を貸していると思っている?」

霊夢「私は・・・フチよ。あからさまにヤバそうじゃない。」

魔理沙「私も霊夢と同感だぜ。異常に強いしな。」

レミリア「私は・・・稜よ。あれは何か隠していると思うわ。」

咲夜「私はレミリア様と同じ意見です。」

フラン「うーん、私は今まで会った事のない人だと思うなぁ。」

鈴仙「私もフチですねーなんか怖いし。そもそもフチって偽名なんじゃないかな?」

青年「成程、フランは良いカンをしているね。」

フラン「やったね!でも、逆に言えばフチさん達より強い人ってことだよね・・・」

青年「まあ、そうだな。・・・鈴仙が言っていたフチの名前だが、その通り偽名さ。稜もな。」
鈴仙も地味な正解をする。

レミリア「・・・ずっと気になっていたのだけれど、何故フチといい稜といい、私たちの名前を?」

鈴仙「ああ!それ私も気になる!」

青年「・・・それは幻想郷について調べ尽くしたからだ。」

レミリア「幻想郷を?馬鹿なことを・・・幻想郷は普通の人間には知られていないはずよ。」

青年「なに、簡単なことさ。幻想郷に入り込んだだけだ。」

霊夢「入り込む?どうやっても無理よ!だって私の神社からじゃないと・・・・・あ!!」
霊夢は幻想郷に行った時のことを思い出す。

青年「気づいていたんだろう?霊夢はともかく慧音ならな。このことはそこで聞いたはずだ。」

レミリア「随分的確ね。正解よ。」

霊夢「成程、あの時に来たのは幻想郷について調べるためね?」

青年「その通りだ。」

レミリア「一つ聞いていいかしら?」

青年「何?」

レミリア「貴方にとっても私たちは敵よね?なら、何故そんなことを教えてくれたのかしら?」

青年「強いて言うと、教えておかないと始まらないからさ。」

レミリア「何が・・・始まるというの?」

青年「それはーーーー」
青年が答えようとしたその時、

「少し喋りすぎよ。」
謎の少女が現れる。

レミリア「貴方は・・・知り合い?」

少女「まあね、それより・・・雅、指令が出たわ。次の目的地は幻想郷の守矢神社よ。」
霊夢達は漠然とする。

霊夢「守矢・・・神社!?・・・何をする気!?」

雅「名前をバラさなくても良かっただろうが・・・守矢神社か・・・行くぞ。」

霊夢「ちょっと!待ちなさいよ!」
だが、2人は何も言わずに去っていった。

魔理沙「守矢神社って早苗たちのとこだよな?」

霊夢「そうよ、・・・神様が2人いるから大丈夫でしょうけど・・・」

レミリア「でももし向こうにフチも行くのなら・・・無理があるわ。」

魔理沙「今から助けに行こうぜ!」

鈴仙「賛成!」

霊夢「行かなきゃ早苗たちでも危ないわよね。」

レミリア「幻想郷に戻るしかなさそうね。」

咲夜「私はレミリア様の決断に従います。」

フラン「私も助けに行きたいな~。」

レミリア「皆で急いで幻想郷に戻り早苗たちを援護、ということでいいわね?」

霊夢「ええ。」

魔理沙「行こうぜ!」

鈴仙「レッツゴー!」

咲夜「了解です!」

フラン「しゅっぱーつ!(≧∇≦)b」
全員の意見が一致し、幻想郷へ戻り始めた・・・いざ、故郷へ!



今回はいつもに比べて短めですね(-_-;)
でも、これが本来の量なんですよっ!
区切りが良かったのでここまでを作りました。

※お知らせ 管理人はこの時期とても大事なことがあるため、小説の案を考えている時間が無く、更新が大幅に遅れますのでご承知ください
絵や他の記事関係はあまり時間はかからないため、この時期でも頑張っていくので是非ご覧下さい!
 
スポンサーサイト



コメント

■ 

僕って結構強そうな設定なんですねw
次回は早苗たちを援護する話からですか~。
凄い気になるw今回も凄い面白かったです!
次回も楽しみに待ってます!

小説の方はマイペースに書いて下さいw
2013/01/23 URL フチ #- 

■ 

フランのテンション高いですね。さてさてどうなることやら次回も楽しみにしてます
2013/01/23 URL 稜 #- 

■ 

>フチさん
はい!結構重要な役です!
早苗にはもれなく管理人補正が(笑)

>稜さん
フランは無邪気という設定があるものでwww
次回もお楽しみに!
2013/01/24 URL マーズ #- 

■ コメントの投稿