FC2ブログ

Nirvana~ニルヴァーナ~

IT関連、軍隊、オーディオ、アニメ、ゲーム、映画等の様々な内容で書き綴っていこうと思います。※アフィ等の個別指定カテゴリのジャンルは行いません 更新不定期ですがよろしくお願いします<m(_ _)m>

プロフィール

金剛

Author:金剛
Nirvanaブログへようこそ。
管理人の「金剛」です。
2016年以降のブログ更新は落ち着いていこうかな。
「ハイテンションで書いて!」と言われて書いていた頃の記事を見直すと苦笑してしまう自分がいる。

最新トラックバック

カウンター

今の人数はこれくらいです
現在の閲覧者数:
たくさん来るといいなぁ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

アルカナやってます!!
是非挑戦を!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

■■■坂本ですが?

感想ですが?
という事で、今回はアニメ「坂本ですが?」の感想レビューです。

学校生活のギャグアニメ(?)のような作品です。
今回取り上げさせて頂いた理由は「発想力」に着眼点を置いたからです。

笑わせる為の構成が上手いというか、もっと勉強しないといけない部分だなと思いました。
定番の展開を回避する形で奇想天外な展開に持っていくというのは中々難しいです。
この場合、大事なのは「直感的に笑える内容」であると考えています。
小難しい手法を用いて行われたものは「そうか〜」といった感じで納得・感心の類で完結してしまうか、理解さえできない(されない)まま処理されるかの2択になるでしょう。

その点においてこの作品は「凄いなぁ」と素直な感想を抱きました。
言葉も表現も分かりやすいのに、先の展開が中々読めない絶妙なバランス。
この均衡を保つのが何より大変ですよ⋯。

主人公の人間離れはお約束。
ただ、設定も活かす方向性で随分と変わるので参考になりましたね。
何よりクール、真顔でネタに走る所は妙にツボを押さえて来た気がします。
真面目な方向性で話を広げていくのは得意なのですが、どうも笑いの要素って難しいんですよね。
こればかりはもう感性の問題ですかね(^^;;

大喜利みたいになってしまって、「お〜上手い」となるのは「笑いの要素」とはまた少し違う「納得、凄い」という印象になって、ネタとしてはどうなのかという議論に⋯⋯

アニメでは起承転結のテンポの速さから4コマ漫画の様な印象でしたが、普通の漫画だった様です。未確認で進行形の逆パターンですね。

個人的には雪合戦の回が好きでした。
雪玉の中からカイロ〜〜の下りは思わず「おお〜」となりましたん。

後は⋯声優豪華ですよね←
石田さん、杉田さん、堀江さんetc...

今回のアニメ「坂本ですが?」の個人的評価は、
★★★★★★★★☆☆(8/10)
です。
やはり発想力の面が大きい評価になりました。
放送時とても楽しく視聴させて頂きました。

「あまり本編に触れていないだろう」は禁句ですが?
スポンサーサイト



コメント

■ コメントの投稿