FC2ブログ

Nirvana~ニルヴァーナ~

IT関連、軍隊、オーディオ、アニメ、ゲーム、映画等の様々な内容で書き綴っていこうと思います。※アフィ等の個別指定カテゴリのジャンルは行いません 更新不定期ですがよろしくお願いします<m(_ _)m>

プロフィール

金剛

Author:金剛
Nirvanaブログへようこそ。
管理人の「金剛」です。
2016年以降のブログ更新は落ち着いていこうかな。
「ハイテンションで書いて!」と言われて書いていた頃の記事を見直すと苦笑してしまう自分がいる。

最新トラックバック

カウンター

今の人数はこれくらいです
現在の閲覧者数:
たくさん来るといいなぁ

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

アルカナやってます!!
是非挑戦を!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

■■■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■■~東方蒼蓮歌~【10】

第10話です!どうぞ!↓

~東方蒼蓮歌~

【第10話 灯台下暗し】

レミリア「何があったらこうなるのかしら?美鈴?」

美鈴「すみません。今さっき敵襲がありまして・・・」

霊夢「敵襲?寝てたんじゃなくて?」

美鈴「寝ていられるわけないじゃないですかっ!あんな事が起きたら・・・」

咲夜「あんな事?何が起きたの?」

美鈴「はあ・・・実は・・・先ほどウラヌスやマーキュリー等と名乗った方々が来まして」
この言葉を聞いて全員が驚く。

魔理沙「本当なのか!?・・・アイツら・・・こっちに来てたのか。」

咲夜「それで、何か言っていたの?」

美鈴「はい。紅魔館の主にこれを渡すようにと。」
美鈴は緑の格闘技のような服の中から一つの書物をレミリアに差し出す。

レミリア「これは・・・古文書かしら?・・・読めないわね。」
霊夢たちも解読を試みるが、やはり不可能だった。
もはやこの世の言葉ではないように思える。

霊夢「・・・全然だめ。私にもさっぱり。」
霊夢はため息をつく。
因みにこの紅魔館があったはずの場所にはもう塵一つ残ってはいなかった。

咲夜「それにしても紅魔館一つ丸ごと葬ることができる力というのはどうなんでしょう?」

レミリア「そうね・・・少なくとも地球を潰す程度の能力はもっているわね。」
レミリアはさらっと言う。

フラン「久しぶりに破壊対決できるかな♪」
・・・他のメンバーとは対照的にフランはまるでおもちゃが増えたとでも言うように話す。

早苗「破壊活動・・・楽しそう・・・」
早苗が危険思考を始める。

霊夢「アンタねぇ・・・まあ、早く倒さないと大変なことになるのは確かね。」

魔理沙「でも、具体的にどうするんだ?」

レミリア「本を探しに来たのに紅魔館そのものが塵になってしまったからね・・・」

美鈴「本ですか?パチュリー様があちらの方に飛ばされましたので聞いてみたらどうですかね?」
そう言って灰が積もってできた山を指差す。

霊夢「あそこね。見に行ってくるから皆はここで待ってて。」
霊夢は灰の山からパチュリーの捜索を始める。
案外、早くに見つかった。

パチュリー「・・・・んっ・・・」
パチュリーが霊夢に気づく。

咲夜「大丈夫ですか~!?パチュリー様~!」
咲夜は霊夢とパチュリーのそばへ駆け寄る。

パチュリー「ええ、図書館にいたらいきなり物凄い音で本棚が崩れだしたから何かと思っていたらいつの間にか飛ばされていたわ。」

霊夢「取り敢えず皆の所へ戻るわよ。」
霊夢は咲夜、パチュリーと共に皆の待つ場所へ戻る。

レミリア「パチェ・・・早速で悪いのだけれどこういう本を知らない?」
レミリアは例の本の説明をパチュリーにする。

パチュリー「もちろん知っているわ。でも、魔理沙が持ってるはずよ・・・勝手に盗んでいった中にね。」
そういて魔理沙を睨む。

魔理沙「わ、悪かったな!」

霊夢「なら魔理沙の家に行けばよさそうね。」

鈴仙「魔理沙さんの家ですか・・・盗賊仕様?」

魔理沙「んなわけないだろっ!」
魔理沙がムキになって答える。

レミリア「それじゃ、魔理沙の家まで行くわよ!・・・美鈴、パチェを頼むわよ。」

美鈴「了解です!いってらっしゃいませ!」

パチェリー「頑張れ・・・強盗の巣まで・・・」

魔理沙「だから違うって言ってるだろっ!」
魔理沙はまたも必死に弁解しようとする。

咲夜「時間がないので止めていくということでよろしいですか?」

レミリア「いいわよ。」

霊夢「ソレでいきましょ。」

早苗「さすが咲夜さん!私たちにできないことを平然とやってのける!そこにシビれる憧れるッ!」
早苗のテンションはいつもハイである。

鈴仙「咲夜さんの能力って本当に便利ですよね!色々出来そう♪」
鈴仙は何を考えているのかわからない。

魔理沙「咲夜、頼むぜ!」

咲夜「では、時間を止めます。」
昨夜のその言葉と同時に時は停止。ここで咲夜は初めてこれの欠点に気づく。

咲夜「・・・考えたら私以外動けないのよね・・・」
魔理沙たちは案の定固まって動かない。
咲夜は時を元通りに戻す。

魔理沙「あれ?何が起きたんだぜ?」

咲夜「今思い出したのだけれど、時間を止めたら貴方たちが動けないのよ・・・」

霊夢「よく考えたらそうよね・・・咲夜が時を止めるんだから咲夜しか動けなくて当然よね。」

レミリア「仕方がないわ。飛んで行くわよ!」
霊夢達は空中飛行で魔理沙の家まで向かう。
・・・その頃、ウラヌス達は・・・・

ウラヌス「・・・彼女らが動き始めたようですね。」
ウラヌスはマーキュリー達に向かい、そう呟く。

マーキュリー「今更何を足掻こうというのでしょうかね?」

プルート「さあな。奴らがどう動こうが我々の驚異ではない。」

???「いざとなれば私が焼き尽くしてしまえばいいだけのことです。」

ウラヌス「セイリオス・・・確かに・・・貴方なら可能ですね。」
セイリオスという名の由来は「焼き焦がすもの」のことだろう。

プルート「様子見がてらセイリオスを向かわせるのも面白いが。」

セイリオス「では、行ってきますかね。」
セイリオスはそう言って霊夢たちのいる場所に向かう。
因みに今は場所が分かってはいないものの、彼らの特殊能力【第三の目】によって、霊夢たちのいる空間についた時に見つかってしまう。
一方、そんなことを知らないレミリア達は魔理沙の家に辿り着く。

魔理沙「着いたぜ。」

霊夢「捜索開始ね。」

レミリア「入りましょう。」

全員魔理沙の家に入る。・・・それと同時に魔理沙以外愕然とする。

レミリア「うわっ!」
レミリアが足元に散らばった本や物につまづいて転ぶ。

鈴仙「汚すぎですよ・・・」

霊夢「私が前来た時より酷くなってない?」

魔理沙「そんな事ないぜ!・・・多分。」
魔理沙はそう言いつつ頬をかく。

早苗「良く生活できますよね~。」
早苗が感心したように言う。

魔理沙「なあに、住めば都、だぜ!」
ちょっと本来の意味のそれとは違う気がしたが他のメンバーはそのことには触れなかった。

フラン「早く探そうよ~。」
フランは早く見つけたいらしい。恐らく決戦が待ち遠しいのだろう。

咲夜「これだけ多いと探しづらいですね・・・仕方がありません。」
咲夜が時を止める。そして咲夜は一人でその本の捜索を開始する。
時間は、咲夜にとって1時間弱、魔理沙達には一瞬で目当ての本を見つけた。

咲夜「これですか?」

魔理沙「そうそうそれそれ。良くこんなに早く見つけたなぁ。」
魔理沙は咲夜から本を受け取る。

咲夜「時間を止めて探し続けてましたから。」

霊夢「なるほどね。それじゃあ早いわけだ。・・・でも探すのは咲夜なんだから大変だったんじゃない?」

咲夜「それはもちろん。散らばった本や研究していたのか液体のついた茸やらで埋め尽くされていましたからね。」

魔理沙「でも便利だよなぁ~時間を止められるってさ。」

早苗「ザ・ワールドッ!!・・・出来ないですねぇ・・・」
早苗の奇怪な行動にメンバーがたじろぐ。

霊夢「ま・・・まあ、見つかったんだし、戻ろっか。」

魔理沙「ああ。こんなところにいつまでも居たくないぜ!」

鈴仙「魔理沙さんの家じゃないですか・・・」

咲夜「でも、出るよりも先に、その本を見たほうがいいのでは?」

レミリア「それもそうね。何か必要になるかもしれないし。」

霊夢「なら、外で見ましょう。・・・ここにいたら環境的に死ぬわ・・・」
全員が「確かに。」そう思ったのであった。
霊夢たちはひとまず外に出て、近くにあったベンチのような場所で本を開く。

魔理沙「なになに?”蒼龍に通常の攻撃は無意味なり”だってさ。」

霊夢「レミリアの言ったとおりね。」

レミリア「それで、弱点の方はあったのかしら?」

魔理沙「えーっと・・・あったぜ!三種の神器とかって書いてあるけど・・・何のことだ?」

鈴仙「あっ、それ!人間の住んでいるところで聞いたことある!」
鈴仙になにか思い当たるものがあったらしい。

霊夢「本当?私も幻想郷に来る前にいたはずなんだけど思い当たらないわね・・・どんな?」

鈴仙「確か三種の神器っていうのは・・・”八咫鏡(やたのかがみ)、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)、天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)のことですよ!」

魔理沙「・・・訳が分からないぜ?それって武器か何かか?」

鈴仙「そこまではよくわかりませんが・・・大和の神にまつわる物と聞きました。」

霊夢「大和の神・・・困ったわねぇ・・・そんなの知り合いでもないんだし探せなさそうよ?」

魔理沙「そうだな・・・それ以前に神話なら実在したとしても今現代に生きているわけがないぜ?」

早苗「そうですよねぇ・・・困りました・・・」

レミリア「大和の神・・・大和の神・・・」
レミリアは何度も同じ言葉を呟いている。

フラン「うーん・・・神かぁ・・・破壊神?そんな訳ないなぁー。」
フランはどうしても破壊に結びついてしまうようだ。

咲夜「・・・ひたすら考えるしかありませんね・・・」
霊夢達は考え続けた。2時間くらい過ぎただろうか。

魔理沙「・・・だーー!もうダメだーー!考え事は苦手だぜ・・・」
だがその時魔理沙は重大で、完全に見落としていたことに気づく。

魔理沙「おい・・・早苗!お前んとこ・・・神・・・二人もいたよな?」
そこで全員が気づく。一番身近に、人間界から早苗とともに幻想入りした神の存在に。

早苗「あー!そうでした!神奈子様達も大和の神の一人でした(笑)」

霊夢「早苗~?な~んで忘れていたのかな~?」

早苗「あまりに身近過ぎて忘れていました!・・・灯台下暗しってヤツですよ!」

レミリア「はあ・・・じゃあ、守矢神社に行くのね。」

霊夢「早いところ行きましょうか。」

鈴仙「完全に2時間無駄にしましたね・・・こんなにノロノロしていたら誰かに見つかっちゃい―」
鈴仙が言おうとしたその時。

「ようやく見つけましたよ。」
誰も見覚えのない者が現れる。

霊夢「アンタは・・・誰!?」

「僕ですか?・・・セイリオスという者です。」

レミリア「セイリ・・・オス・・・?」

―--------------------------------------------------------―-
非常にお待たせいたしました。第10話です(-_-;)
大量の勉強という波に飲まれてしまって・・・これから投稿を続けられるか心配です(-_-;)
さて、今回はとても長かったわけですが・・・10話という区切りのいい数字だったのでスペシャル回ということでいつもの倍くらいの長さになっています(笑)
それに加え、一話ごとにサブタイトル的な物を入れるようにしました!
これは、その回のテーマのようなものです。
と言っても、いつになったら11話が投稿できるのやら(-_-;)
それでは!( ´・ω・`)ノ~バイバイ

次回!【三種の神器】お楽しみに!

追記 誤字を修正いたしました(-_-;) 昨夜→咲夜
   報告していただいたフチ様に感謝!(TдT) アリガトウ
スポンサーサイト

■■■~東方蒼蓮歌~【9】

第9話です!どうぞ!↓

~東方蒼蓮歌~

【歌】
歌は人に安らぎを与える。
人は歌を空に届ける。
空は歌に涙を流し、やがて歌は空に流れる。
歌の輝きを受けた空の日差しが作物に恵みをもたらす。
作物は人の生きていく糧となる。
楽譜はその「歌」を紡ぎ出す鍵となる・・・

霊夢「それじゃあ、読むわよ?」

早苗「はい、どうぞ。」

霊夢「空彼方授蒼炎 人希望灯火呼
    聖杯希望灯火灯時 死者蘇力持結晶
    蒼蓮歌 全鎮力
    闇蘇時 歌真姿表」

魔理沙「?・・・漢文ってやつか?難しすぎるぜ・・・早苗は何か分かるのか?」

早苗「うーん、日本語のような気がしますね・・・」

霊夢「魔理沙のそれは違うっぽいわ。漢文では無いはずよ。」

早苗「なるほど!これの読み方がわかった気がします!」

魔理沙「本当か!?」

早苗「はい!これは、
   空の彼方より授かりし蒼の炎、人は希望の灯火と呼ぶ。
   聖なる杯に希望の灯火を灯せし時、死者をも蘇らせる力を持つ結晶となる。
   蒼蓮歌、全てを鎮める力。
   闇が蘇りし時、この歌は真の姿を表す。
   だと思います。」

霊夢「確かに・・・それで間違いなさそうね。」

魔理沙「漢字そのままだな。」
魔理沙は苦笑する。

レミリア「蒼の炎・・・結晶・・・蒼蓮歌・・・」
レミリアは単語単語で区切り何かを考えている。

咲夜「空の彼方ですか・・・まさか、天界のことでしょうか・・・?」

諏訪子「天界?・・・ああ!そうだッ!!」
諏訪子は何かを思い出したようにそう叫ぶ。

神奈子「何だ?何か思い当たる節でもあるのか?」

諏訪子「覚えてないのぉ?あそこだよ!蒼龍のとこ!」

神奈子「蒼龍・・・まさか!!」
神奈子も思い出したらしい。

霊夢「蒼龍?なんか大層な名前ね・・・それって何?」

神奈子「・・・伝説の蒼き龍だ。」

魔理沙「へぇ~、なんかカッコイイなぁ!」

フラン「なんか強そー!戦うの?倒していいの?」
フランは異常なまでに好戦的なようだ。

レミリア「無理よ、フラン。あの龍は倒せないわ。」

霊夢「何か知ってるの?」

レミリア「パチュリーから借りた本に載ってたから・・・たまたまね。」

魔理沙「倒せないってどういう意味だ?」

レミリア「その本によると、攻撃が通らないらしいわ。」

フラン「破壊の力でも?」

レミリア「恐らく。でも、力を認めさせなければ蒼き炎は手に入れられないとも書いてあったわ・・・」

咲夜「では、どうすればいいのでしょうか?」

レミリア「その本には蒼龍にある・・・確か一つだけの弱点が載っていたハズよ。」

鈴仙「じゃあ、パチュリーさんのところに行けば何か分かるってことですよね!」

霊夢「それしかないわよね・・・」

咲夜「行きますか?お嬢様?」

レミリア「そうね。それじゃ、紅魔館へ向かうわ!」

早苗「私も・・・ついて行っていいですか?」

霊夢「私たちは仲間が増えるのは助かるけど・・・神様は大丈夫なの?」

神奈子「私たちのことは気にしなくていいよ。」

諏訪子「そうそう、守矢神社も任せてよ!」

早苗「諏訪子様・・・神奈子様・・・ありがとうございます!」

霊夢「じゃあ、行くわよ!早苗!」

早苗「はい!」

神奈子「気を付けなよ!」

諏訪子「いってらー!」
2人の神に別れを告げ、霊夢たちは紅魔郷へ急いで向かう。

フラン「仲間が増えて楽しくなりそうだね~!」

霊夢「賑やかにはなるけど・・・危険も増すと思うわよ?」

レミリア「この人数がいれば誰でも倒せそうなのだけれどね。」

咲夜「そうだと良いのですが・・・」

鈴仙「ウラヌスさん達の件もありますし・・・」
鈴仙も今回ばかりは弱気である。

レミリア「それもそうね・・・でも、やるしかないわ!」

霊夢「そうよ。やるかやられるか、どっちかって言われたらやるでしょ?」

早苗「勿論です♪」

フラン「勿論やる方がいいよ~♪」

魔理沙「フランが言うと怖いぜ・・・まあ、私もやる側だな。」

鈴仙「私はやられる方が・・っと何でもないです(-_-;)」

レミリア「なら、精一杯頑張りましょう。」

咲夜「そうですね、お嬢様!」
咲夜も嬉しそうだ。

霊夢達は紅魔館へ到着した・・・が・・・・?



お待たせしました(-_-;)第9話・・・このまま更新を続けられるのでしょうか・・・
とりあえず一山超えられたので更新は出来そうなんですがやはり小説の案を出せるほど、
暇がないんですよね!
・・・絵の方なら頑張れる・・・かも?
それでは!( ´・ω・`)ノ~バイバイ

■■■~東方蒼蓮歌~【8】

第8話です!どうぞ!↓

~東方蒼蓮歌~

霊夢たちが目覚める。
朝日が少し、顔を出す。
早苗は、霊夢に昨日何があったのかを聞く。

早苗「霊夢さん、昨日は凄く傷だらけでしたが・・・何かあったんですか?」

霊夢「・・・ええ。ちょっと待ち伏せされていたらしくてね。」
霊夢はその時の状況を苦い表情で話した。

早苗「待ち伏せされた・・・誰にですか?」
この質問には魔理沙が答えた。

魔理沙「それが・・・見えないんだ。」

早苗「見えない?どういう事です?」

魔理沙「いや、姿とか音とかが感じられないんだよな・・・」

早苗「感じられない?言葉も一言も発さないんですか?」

魔理沙「ああ、何かスペルカードも変でさ・・・見えている分には避けられてるんだけど、実際は当たっちまうんだ。」
早苗は今までの話の共通点を考える。

早苗「つまり、見た風景はただの空間、でもそこには何かがいる・・・ということですね?」

魔理沙「ああ、その通りだぜ。」

レミリア「しかもあちらには、コチラがどう動くかも読んでいるみたいだったわ。」

鈴仙「こっちから攻撃しても当たりそうもないし、相手の攻撃は当たり続けるしか無いんです・・・」

咲夜「時を止めても姿が見えないのではどうしようもありませんでした。」

フラン「森ごと破壊してもダメだったよ~。」
フランがさらりと問題発言をする。

早苗「えっと・・・フランさん?あの・・・その・・・どの位ですか・・・?」

フラン「うーん・・・取り敢えず半径10km程度じゃないかなぁ?」
フランはおどけた表情で話し、早苗と諏訪子と神奈子は口をぽかーんと開けて聞いていた。
状況を理解するのに3分くらい動かなかった。

霊夢「フラン・・・私たちの被害の90%はアンタの炎だからね?」
実は、霊夢たちの大怪我はどちらかというとフランの破壊活動にあったりする。

魔理沙「凄い花火だったよなぁ。木々が根っこから吹っ飛んでさぁ(*´∀`*)」
魔理沙はすっかりあの時の状況を楽しんでいるようだ。

鈴仙「一回あの世が見えましたからね(笑)」
実は鈴仙、今回の件のせいで寝ている時の夢は自分が焼きうさぎになる夢だったのである。

レミリア「完全に私よりフランの方が強いわね・・・」
レミリアはフランに実力の差を感じたようだった。

咲夜「時間を止める暇もなければフランお嬢様を止める時間もありませんでした・・・」

神奈子「成程・・・それって謎の敵襲よりもその子がやばいんじゃないのか?」
フランを指して神奈子が言う。

諏訪子「随分派手にやったんだねぇ。見てみたかったなぁ~。」
諏訪子はフランの破壊活動(笑)に興味津々だった。

早苗「でも、気になりますよね・・・その見えない敵が。」

魔理沙「全く何もわからなかったんだぜ。見えないどころか気配がないからな・・・。」
ここで霊夢が大事なことを思い出す。

霊夢「あッ!そういえば! 早苗達の方にフチたちがー」
霊夢が言い終わらないうちに、その事情をすでに知っている早苗の方から話す。
早苗「はい、来ました。ちなみにその名前は偽名でした。」
早苗は霊夢たちにウラヌスたちとの出来事を全て話す。

魔理沙「・・・なるほどな、そのプルートとジュピターってやつはすごいやばい気がするぜ。」

神奈子「ウラヌスとマーキュリーも強いことは間違いない。」

諏訪子「まあ、戦わなかったから被害が出なくて済んだけどね。」

レミリア「これは・・・作戦をねる必要がありそうね・・・。」

早苗「私達も力になります!」

神奈子「ああ、その通りだな。」

諏訪子「狙われてるのはこっちだろうしね~。」

レミリア「大丈夫なの?まあ、ありがとう。助かるわ。」

霊夢「早苗たちがいれば心強いわね!」

魔理沙「問題は・・・情報が少なすぎることだよな・・・」
魔理沙は一人、不安そうな顔をする。

早苗「大丈夫です!私たちが力を合わせればどんな敵が相手だろうと負けません!」

諏訪子「ありゃりゃ~、早苗にスイッチが入っちゃったよ~こりゃもう止まらないね(笑)」

神奈子「変なスイッチが入るのが早苗だから仕方がないだろうよ。」

魔理沙「何か随分賑やかになったな。・・・最初は貧乏神と吸血鬼だけだったからな(笑)」

霊夢「誰が貧乏神じゃ!誰が!」

レミリア「吸血鬼を愚弄するとは・・・貴方、明日まで首が繋がっているといいわね・・・」

魔理沙「おお、こわいこわい。」
魔理沙は少々鳥肌が立った。

フラン「あの・・えっと・・・私も吸血鬼なんだけどなぁ?魔~理~沙~?」

魔理沙「スマン!ごめんなさい!許してヒヤシンス!本当に殺さないで!お願いします!もうしません!」
魔理沙がフランを相手にした瞬間態度がころっと変わる。というか、本能が危険信号を出している。

フラン「嘘だよ~(*´∀`*)」
フランの嘘は大地を揺るがす力があるとこの場の誰もが思ったのであった。

魔理沙「ハー、本当に死ぬかと思ったぜ・・・」
魔理沙の顔からは血の気が引いている。

霊夢「それにしても・・・何故あいつらが楽譜なんて欲しがるの?」
霊夢が話題を元に戻す。

早苗「それは私たちにもわからないんですよ・・・一晩中眺めたんですがね・・・」

霊夢「何か気になったことは?」

早苗「はい・・・譜という割には、最初の方は全く曲と関係ないみたいなんですよ。」

神奈子「持ってきたぞ。」
神奈子はいつの間にか持ち出してきた譜面を広げる。

霊夢「なになに?ふむふむ・・・」
霊夢が考え始める。
そしてとりあえずその文章部分を読み上げることにした・・・・



第8話はここまでです。今回は話し合い回でしたね(-_-;)
以外に案がまとまったので投稿させて頂きました!
それでは!( ´・ω・`)ノ~バイバイ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。